第6回 学習会のお知らせ

【私たち「フォーラム・子どもたちの未来のために」は共謀罪の強行採決に強く抗議するとともに、これからも民主主義、立憲主義を守り、子どもたちに自由で豊かな社会を残すためにも、さまざまな活動を続けていきます】

道徳の教科化をめぐって

~道徳教科書の中の児童文学~

【講師】藤田のぼる

(児童文学評論家・作家)

―― 子どもたちの明日のために、今の日本を考えましょう!――​

小学校では来年度から教科としての道徳がスタートします。 その道徳教科書には児童文学作品や“読み物”が少なからず使われています。 これまでの道徳の副読本や国語教科書にそうした作品が使われてきたことと 何が違うのか、書き手としてどう受けとめるのか。 1980 年代の国語教科書への「偏向」攻撃や、戦前の修身教科書なども 振り返りながら、「道徳教科化」の意味を考えたいと思います。

日時:7月13日(木)17:30開場 18:00開演

場所:日本出版会館 3階会議室(日本出版クラブ会館隣)

 東京都新宿区袋町6    

 A.都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」A2出口より徒歩約2分
 B.JR「飯田橋駅」西口より徒歩約8分
 C.東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅」B3出口より徒歩約7分
 D.東京メトロ東西線「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩約7分

参加費:1,000円(当日精算)

20:00終了予定

  

「フォーラム・子どもたちの未来のために」実行委員会

絵本学会、絵本作家・画家の会、童話著作者の会、日本国際児童図書評議会

日本児童図書出版協会、日本児童文学者協会、日本ペンクラブ「子どもの本」委員会

● お申し込みは、上記各団体、もしくは以下問い合わせ先へ

日本児童図書出版協会/Mail: kodomo@kodomo.gr.jp  

Tel.  03-3267-3791 Fax. 03-3267-5389

当ホームページからもお申し込みいただけます。

7月13日学習会申し込み →

■ 藤田のぼる(ふじたのぼる)

プロフィール

児童文学評論家・作家。小学校国語教科書編集委員なども務める。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)『「場所」で読み解く世界児童文学事典』(共編著、原書房)、創作に『麦畑になれなかった屋根たち』(童心社)『みんなの家出』(福音館書店)他。

Affiliated Bodies

構成団体

絵本学会  絵本作家・画家の会   童話著作者の会   日本国際児童図書評議会  

日本児童図書出版協会  日本児童文学者協会  日本ペンクラブ「子どもの本」委員会  

​© フォーラム・子どもたちの未来のために

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now